市川 善忠

オルガニスト/ピアニスト

作編曲家

音楽プロデューサー

 

プロフィール

これまでにリードオルガン、ピアノ、打楽器、パイプオルガンを学ぶ。オルガンを故大津寄多美子、志村拓生の各氏、オーストリア・ザルツブルグで行われたオルガンマイスタークラス2014で、フランチェスカーナ教会音楽監督ベルンハルト・グフレラー氏に師事。

現在、オペラ・ミュージカルの他に、オルガンなどの鍵盤楽器による演奏活動など、数多くのイベントの企画に携わり、自ら出演、演奏曲の編曲なども行っている。

近年、楽器の演奏以外にもオペラやミュージカルの語り役として多くの舞台に立ち異彩を放っている。

「こうもり」イーダ役、「天国と地獄」バッカス役、「夜の秋 鬼灯明かり」島田源太郎役などの作品に出演。

ヤマハミュージックリティリング浜松店かじまちセンター・クラシックオルガン・鍵盤ハーモニカ各講師。オペラ・ディ・モーダ代表。

ライブカフェSHIMADAKE~島田家~ライブコーディネーター。

日本基督教団静岡教会オルガニスト。NPO法人「音楽の架け橋・メセナ静岡」理事。